ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

ロングインタビュー2017/12/12

ベジャールの「くるみ割り人形」~母役へのプチ・インタビュー~

今週末に上演するベジャールの「くるみ割り人形」。今回の舞台で2回目の母に挑戦する渡辺理恵、初役となる政本絵美、2人の"母"にプチ・インタビューを行いました。ぜひご一読ください!

渡辺理恵

"演じない"で演じる難しさ! その動きにつながる「動機」を探し中。

rie.jpg "母"役を踊るのは2回目です。初役のときはポジションや動きをかたちにする、土台作りに時間がかかりました。前回とはスタートラインが違いますが、リハーサルでは壁にぶつかることばかり。前回踏み込めなかった部分について考えさせられ、新しい発見があります。

 印象的なのは第1幕のパ・ド・ドゥ。(小林)十市さんが「演劇性を重視」とおっしゃっていたのですが、私自身の見方、とらえ方を含め、色々な角度から考えることができて、踊っていてもその場その場で発見がある、全編をとおして踊ると、本当に重みのある作品です。
 昨年、古典の「くるみ」を全幕踊っているんですが、だからこそベジャール版の独自性、面白さも感じます。こんなにも違うものなのか・・・と改めて思いました(笑)。
 (吉岡)美佳さんには、「自然に、演技になりすぎず」と言われました。歩く、振り向く、見る、すべて日常生活にある動きですが、"演じない"でやることに難しさを感じ、試行錯誤しています。
普段の生活で行われている動作には当然意味があるわけですから、舞台上で同じことをするうえで"母"がその振り、動きをすることにつながる「動機」を、今、探しています。


政本絵美

これまで気づかなかった大事なシーン。ビムとの永遠の別れを実感します。

masamoto emi.JPG 2012年の上演の時にはアンダーキャストだったので舞台には出られず、今回初めての挑戦となります。本当は「花のワルツ」でタキシードを着る女性の役にずっと憧れていたんですけど(笑)、思いがけず母を演じることになりました。
 実は母役は踊るところが少ないんです。なので「振り」にならないように、自然に見えるようにと気を付けています。普段の生活でも子どもに手を伸ばしたりして、それをどれだけ自然に見せることができるか、と考えながら演じています。
 リハーサルをしてみて、プロローグとエピローグの演じ分けにも難しさを感じています。(吉岡)美佳さんに指導していただいているのですが、エピローグでは「笑わないで」と注意を受けました。ただ、悲壮感が漂ってしまってもいけませんが。そう、演じてみて初めてわかったんですが、母は最後鏡の前で手を振るんです。これまでも観ていたのに全く気がつきませんでした。お客さまもこの場面はビムをみているので気がついてない方が多いと思います。確かに、最後はビムと母の永遠の別れなんですよね・・・。
 一番好きなのはビムとのパ・ド・ドゥです。音楽もすごく素敵ですし、あの曲にこの振付ができたベジャールさんって、本当に天才だと改めて思いました。

>>>ベジャールの「くるみ割り人形」公演概要はコチラ

カテゴリー

最近の記事

「くるみ割り人形」上演に寄せて(その2) ~ 加藤くるみ、故郷で「くるみ」 

本日のブログには幅広い役柄で活躍している加藤くるみ(東京バレ...

「くるみ割り人形」上演に寄せて(その1) ~ 政本絵美、故郷で踊る 

東京バレエ団では、本年(2021年)12月に「くるみ割り人...

「かぐや姫」第1幕 世界初演によせて ー 廣川玉枝氏コメント

「かぐや姫」第1幕 世界初演まであと2日となりました。本日は...

役の内面を理解し、動きを台詞のように ―池本祥真、「娘」役に初挑戦!

去る8月に上演された〈横浜ベイサイドバレエ〉の野外ステージで...

今の自分にあった表現をー 「中国の不思議な役人」&「ドリーム・タイム」、2作品に出演する宮川新大

古典から現代作品まで幅広いレパートリーで活躍する宮川新大(東...

自身の中に言葉をもってないと動きに現れない ー小林十市の語る「中国の不思議な役人」の世界

11/6(土)、11/7(日)に上演する「中国の不思議な役人...

「かぐや姫」第1幕(世界初演)制作現場より ― 衣裳パレード

金森穣振付「かぐや姫」第1幕 世界初演に向け、リハーサルと並...

沖香菜子の語る、「ドリーム・タイム」の魅力

11月6日、7日に世界初演をむかえる金森穣振付「かぐや姫」第...

今回の上演ではココに注目! ー「中国の不思議な役人」の魅力

11月6日に世界初演をむかえる金森穣振付「かぐや姫」(第1幕...

東京バレエ団「海賊」 ー池本祥真インタビュー

シリーズでお贈りしている東京バレエ団「海賊」、メインキャスト...