ニュース News 一覧にもどる

2014/05/02

東京バレエ団 第27次海外公演(オーストリア、ドイツ、イタリア)

2014年5月から6月にかけて、東京バレエ団はオーストリア、ドイツ、イタリアと3カ国で計16回の公演を招かれて上演します。

オーストリアのクラーゲンフルトは、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場の元総裁秘書が新しくクラーゲンフルト州立劇場の総裁となり、かねがね東京バレエ団を高く評価していたことから、1都市で12公演という異例の回数の公演が実現しました。歴史的にも芸術の国として名高いオーストリアの観客の前で、日本のバレエ団の実力を披露いたします。
ドイツのシュツットガルトは1973年の初訪問以来、1988年、1989年、1993年、1996年、2004年と今回で7回目の招聘となり、東京バレエ団が何度も招かれている劇場です。地元にシュツットガルト・バレエ団を擁し、バレエに関しては観客が高い関心と審美眼を誇る土地柄の劇場で、東京バレエ団のオリジナル作品である「ザ・カブキ」を披露することで、故モーリス・ベジャールの傑作と東京バレエ団の真価を印象づけることになるでしょう。
ツアーの最後を飾るローマのカラカラ野外劇場は、古代ローマの遺跡として名高い観光地であると同時に、1937年以来、多くの野外オペラやバレエ公演が開催されることでも世界的に有名です。バレエファンに留まらない世界中からの幅広い観客に、ベジャールの「春の祭典」を中心に強力なプログラムを披露します。
東京バレエ団は本ツアー終了後には、30カ国152都市において738公演を達成することになります。

※当初予定しておりましたポーランド公演は隣国のウクライナ情勢の影響により中止となりました。また、諸般の事情によりベルギー公演は中止となりました。

【第27次海外公演(オーストリア、ドイツ、イタリア)日程】

オーストリア(2014年5月22日─6月4日)
◇公演日:
5月22日(木)19:30
5月23日(金)19:30
5月24日(土)19:30
5月25日(日)15:00
5月27日(火)19:30
5月28日(水)19:30
5月30日(金)19:30
5月31日(土)19:30
6月1日(日)15:00
6月2日(月)19:30
6月3日(火)19:30
6月4日(水)19:30
◇会場:クラーゲンフルト州立劇場(オーストリア)
*公演詳細はこちらから

◇予定される演目と主な配役
モーリス・ベジャール振付「舞楽」
(火:岡崎隼也/杉山優一)
モーリス・ベジャール振付「チェロのための5つのプレリュード」
(吉岡美佳、高橋竜太(5/22─25客演)、那須野圭右(モーリス・ベジャール・バレエ団)(5/27─6/4客演))
ジョン・ノイマイヤー振付「スプリング&フォール」
(川島麻実子-柄本弾/沖香菜子-梅澤紘貴)
フェリックス・ブラスカ振付「タムタム」
(ソロ:岸本秀雄/入戸野伊織、アダージオ:渡辺理恵-柄本弾/吉川留衣-梅澤紘貴)
(パーカッショニスト:ヴァンサン・バウアー、アティソー・ロコ)

ドイツ(2014年6月7日─6月8日)
◇公演日:
6月7日(土)19:30
6月8日(日)15:00
◇会場:シュツットガルト州立劇場(ドイツ)
*公演詳細はこちらから

◇予定される演目と主な配役
モーリス・ベジャール振付「ザ・カブキ」
(由良之助:柄本弾/森川茉央、顔世御前:上野水香/渡辺理恵)

イタリア(2014年6月27日─6月28日)
◇公演日:
6月27日(土)21:00
6月28日(日)21:00
◇会場:カラカラ野外劇場(イタリア)
*公演詳細はこちらから

◇予定される演目と主な配役
モーリス・ベジャール振付「ギリシャの踊り」
(ソロ:柄本弾/梅澤紘貴)
モーリス・ベジャール振付「ドン・ジョヴァンニ」
(ヴァリエーション6:上野水香/渡辺理恵)
モーリス・ベジャール振付「春の祭典」
(生贄:吉岡美佳-梅澤紘貴/奈良春夏-岸本秀雄)