スタッフ&ダンサー

宮川 新大
みやがわ あらた - Arata Miyagawa

福井県出身

 6歳よりバレエを始める。2004年ユース・アメリカ・グランプリ日本予選プリコンペティティブ部門第1位。ジョン・クランコ・バレエ学校フルスカラシップ賞受賞をきっかけに12歳でジョン・クランコ・バレエ学校に留学。16~17歳の2年間ピョートル・ペストフに師事し、09年に優秀な成績で卒業。第10回ユース・アメリカ・グランプリ日本予選シニア男性の部第1位。10年、ユース・アメリカ・グランプリニューヨーク決選 シニアの部第3位に入賞した後、芸術監督セルゲイ・フィーリンよりオファーを受け、モスクワ音楽劇場バレエに入団。12年北京国際バレエコンクール、シニア男性の部第2位、ヴァルナ国際バレエコンクール、シニア男性銀賞を受賞。13年1月にロイヤル・ニュージーランド・バレエ団に入団した。  当時のおもなレパートリーに『ラ・シルフィード』ジェイムズのヴァリエーション、『ナポリ』第3幕のヴァリエーション、『ロミオとジュリエット』マスク売り、ドゥアト振付『ポル・ボス・ムエロ』のパ・ド・トロワ、『白鳥の湖』 のパ・ド・トロワ、『ジゼル』ウェディング・カップル、バランシン振付『アレグロ・ブリランテ』のプリンシパル・カップルなどがある。  15年夏、東京バレエ団にソリストとして入団、18年4月にプリンシパルに昇進した。  おもなレパートリーに、ブルメイステル版『白鳥の湖』のパ・ド・カトル、マズルカ(16年、バレエ団初演)、ジークフリート王子、『くるみ割り人形』のくるみ割り王子、『ドン・キホーテ』の闘牛士、『ラ・バヤデール』のパ・ダクシオン、ブロンズ像、『ラ・シルフィード』のジェイムズ、子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』のデジレ王子、ワシーリエフ振付子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』のバジル、『パキータ』のプリンシパル、ベジャール振付『ザ・カブキ』の勘平、ヴァリエーション2、『くるみ割り人形』の猫のフェリックス、『中国の不思議な役人』の娘、『ボレロ』、『第九交響曲』、ノイマイヤー『スプリング・アンド・フォール』、ロビンズ『イン・ザ・ナイト』、『真夏の夜の夢』のパック、『タムタム』のソロなどがある。  バレエ団初演作品に、『タリスマン』のパ・ド・ドゥ(18年)、『ベジャール・セレブレーション』(『バロッコ・ベルカント』よりパ・ド・シス)(17年)、キリアン『小さな死』(17年)、フォーサイス振付『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』(15年)などがある。  15年12月、オーストラリア・コンセルヴァトワールに客演、『コッペリア』のフランツを踊った。16年9月、17年3月には勅使川原三郎演出のオペラ『魔笛』に出演した。

主なレパートリー(2015年以前):

『ラ・シルフィード』ジェイムズのヴァリエーション、『ナポリ』第3幕のヴァリエーション、『ロミオとジュリエット』マスク売り、ナチョ・ドゥアト振付『ポル・ボス・ムエロ』パ・ド・トロワ、『白鳥の湖』パ・ド・トロワ、『ジゼル』ウェディング・カップル、ジョージ・バランシン振付『アレグロ・ブリランテ』プリンシパル・カップル

主なレパートリー(2015年以降):

『ドン・キホーテ』闘牛士、『ボレロ』第2ソリスト、『コッペリア』フランツ(オーストラリア・コンセルヴァトワールゲスト出演)

バレエ団初演作品:

ブルメイステル版『白鳥の湖』パ・ド・カトル、マズルカ(16年)