スタッフ&ダンサー

プリンシパル

上野 水香
うえの みずか - Mizuka Ueno

神奈川県出身

12月23日生まれ

 5歳よりバレエを始める。1989年埼玉全国舞踊コンクール、ジュニアの部第1位。1993年、15歳でローザンヌ国際バレエコンクールにてスカラシップ賞を受賞した後、モナコのプリンセス・グレース・アカデミーに2年間留学。帰国後、古典全幕作品やローラン・プティ作品に主演した。2004年、東京バレエ団に入団した。

 おもなレパートリーに、『白鳥の湖』のオデット/オディール、ブルメイステル版『白鳥の湖』のオデット/オディール(2016年、バレエ団初演)、『ジゼル』のジゼル、『眠れる森の美女』のオーロラ姫、マラーホフ版『眠れる森の美女』のオーロラ姫、リラの精、『ラ・シルフィード』のシルフィード、子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』のオーロラ姫、ベジャール『ザ・カブキ』の顔世御前、『M』の女、ローズ、『ボレロ』の主役、『ドン・ジョヴァンニ』のヴァリエーション6、『ギリシャの踊り』のハサピコ、『バクチIII』、バランシン『テーマとヴァリエーション』『バレエ・インペリアル』、『エチュード』のエトワールなどがある。

 バレエ団初演作品に、アシュトン『真夏の夜の夢』タイターニア(2005年)、ドーリン『パ・ド・カトル』のタリオーニ(2005年)、マカロワ版『ラ・バヤデール』のニキヤ(2009年)、ド・バナ『ホワイト・シャドウ』(2010年、世界初演)、子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』キトリ(2015年)、ベジャール『第九交響曲』(2014年)、フォーサイス『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』(2015年)、ロビンズ『イン・ザ・ナイト』(2017年)、『ベジャール・セレブレーション』(『我々のファウスト』)(2017年)、バランシン『セレナーデ』(2018年)、『エスメラルダ』のパ・ド・ドゥ(2018年)、『ライモンダ』(第3幕より)の主役(2018年)、『海賊』のメドーラ2019年)などがある。

 2014年11月、自身初のプロデュース公演〈ジュエルズ フロム ミズカ〉でルイジ・ボニーノとの『チーク・トゥ・チーク』、また『レ・トロワ・ジムノペティ』『シャブリエ・ダンス』などを踊る。2018年12月の〈ジュエルズ フロム ミズカ II〉ではプティ版『ボレロ』、また、マルセロ・ゴメスとアロンソ『カルメン』のアダージオなどを踊った。2009年、2012年、2015年、2018年には世界バレエフェスティバルに出演している。

 ウラジーミル・マラーホフと『白鳥の湖』『牧神の午後』、ジョゼ・マルティネスと『白鳥の湖』、マチュー・ガニオと『眠れる森の美女』、フリーデマン・フォーゲルと『ジゼル』、レオニード・サラファーノフと『ラ・シルフィード』、マシュー・ゴールディングと『白鳥の湖』、マカロワ版『ラ・バヤデール』、『ドリーブ組曲』を踊るなど、数多くの世界的ダンサーと共演している。

 令和3年度(第72回)芸術選奨 文部科学大臣賞を受賞。

 

2013年1月 4日現在