セカンドソリスト

金指 承太郎
かなざし じょうたろう - Jotaro Kanazashi

東京都町田市出身

 10歳よりバレエをはじめる。2012年から2015年までボリショイ・バレエ学校で学ぶ。卒業後、ロシア国立クラスヤルスクオペラバレエ劇場にソリストとして入団。翌年リーディング・ソリストに昇進。2018年3月に〈芸術祭シアタースプリング〉にてバレエ主演男優賞を受賞。2018年5月にセカンド・ソリストとして入団。2018年6月「白鳥の湖」で東京バレエ団デビューを飾る。

主なレパートリー (入団以前)
「ドン・キホーテ」バジル、「リーズの結婚」(ゴルスキー版)コーラス、「ラ・シルフィード」(ブルノンヴィル版)ジェイムズ、「白鳥の湖」ベンノ、「ジゼル」ペザント、「眠れる森の美女」ブルーバード、「ラ・バヤデール」黄金の像、他コンテンポラリー作品にも出演。