ソリスト

岸本 夏未
きしもと なつみ - Natsumi Kishimoto

千葉県市川市出身

 3歳よりバレエを始める。奨学金を得て、2001年9月から英国ロンドン・スタジオ・センターに1年半留学、英国ロイヤル・バレエ団出身の教師陣の指導を受ける。03年、東京バレエ団に入団。04年『白鳥の湖』で初舞台を踏む。  おもなレパートリーに、『白鳥の湖』のナポリ、四羽の白鳥、パ・ド・トロワ、ブルメイステル版『白鳥の湖』のチャルダッシュのソリスト(16年、バレエ団初演)、四羽の白鳥、『ジゼル』のドゥ・ウィリ、パ・ド・ユイット、マラーホフ版『眠れる森の美女』のシンデレラ、ポロネーズ、サファイア、ルビー、『くるみ割り人形』のコロンビーヌ、中国、『ラ・シルフィード』パ・ド・ドゥ、『ドン・キホーテ』の二人のキトリの友人、セギディーリャ、4人のドリアード、ベジャール『ザ・カブキ』の現代のおかる、『くるみ割り人形』の中国(バトン)、『火の鳥』、『春の祭典』の4人の若い娘、『ドン・ジョヴァンニ』のヴァリエーション3、『舞楽』、『ギリシャの踊り』のパ・ド・セット、『中国の不思議な役人』、ノイマイヤー『スプリング・アンド・フォール』、キリアン『ドリーム・タイム』、アシュトン『真夏の夜の夢』のヘレナ、蜘蛛の精、『タムタム』、『白の組曲』プレストなどがある。  バレエ団初演作品に、マカロワ版『ラ・バヤデール』パ・ダクシオン、影の王国第1ヴァリエーション(09年)、子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』やんちゃの精、白い猫(12年)、『ライモンダ』(第3幕より)(18年)、ベジャール/ロマン振付『ダンス・イン・ザ・ミラー』(11年)、ベジャール『第九交響曲』(14年)、『ベジャール・セレブレーション』(『ライト』より「レジデンツ」)(17年)、ノイマイヤー『ロミオとジュリエット』のジュリエット(14年)、キリアン『小さな死』(17年)、バランシン『セレナーデ』(18年)、クランコ『オネーギン』(10年)、アシュトン『シルヴィア』の森の精、ミューズ(10年)などがある。

主なレパートリー:

マラーホフ版『眠れる森の美女』シンデレラ、ポロネーズ、サファイア、ルビー、『白鳥の湖』ナポリ、四羽の白鳥、パ・ド・トロワ『ドン・キホーテ』キトリの友人、セギディーリャ、4人の女性、『ギリシャの踊り』パ・ド・セット、『火の鳥』、『ドン・ジョヴァンニ』のヴァリエーション3、『ジゼル』ドゥ・ウィリ、パ・ド・ユイット、『くるみ割り人形』コロンビーヌ、中国、『ラ・シルフィード』パ・ド・ドゥ、『白の組曲』プレスト、『舞楽』、『タムタム』、『ラ・バヤデール』より"影の王国"第1ヴァリエーション、『ドリーム・タイム』

バレエ団初演作品:

マカロワ版『ラ・バヤデール』パ・ダクシオン、影の王国第1ヴァリエーション(09年)、アシュトン振付『シルヴィア』森の精、ミューズ(10年)、クランコ振付『オネーギン』(10年)、ベジャール/ロマン振付『ダンス・イン・ザ・ミラー』(11年)、"子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』"やんちゃの精、白い猫(12年)、ノイマイヤー版『ロミオとジュリエット』ジュリエット(14年)、ベジャール振付『第九交響曲』(14年)、ブルメイステル版『白鳥の湖』チャルダッシュのソリスト(16年)