ニュース News 一覧にもどる

2015/03/31

東京バレエ団がこの4月にアメリカ・デビュー。YAGP主催のガラに出演。

東京バレエ団がこの4月、ニューヨーク・デビューを果たすことになりました。 毎年春にニューヨークで開催される国際バレエ・コンクール、ユース・アメリカ・グランプリ。そのガラ・プログラムの一環として、アメリカン・バレエ・シアター/ボリショイ・バレエのプリンシパルであるデヴィッド・ホールバーグが企画したガラ公演〈レガシー〉に、東京バレエ団が招聘されることになったものです。 東京バレエ団が上演するのはモーリス・ベジャール振付「バクチIII」で、上野水香、木村和夫を含む8人がデビッド・H.コーク劇場の舞台に立ちます。長い海外公演の歴史の中で東京バレエ団がアメリカ合衆国の舞台に登場するのは、これが初めてのことになります。 本公演にはほかにマリインスキー・バレエ、ボリショイ・バレエ、オーストラリア・バレエ団、ABTスタジオ・カンパニーが招聘され、コンテンポラリーを中心にしたプログラムが上演される予定です。 ■ユース・アメリカ・グランプリ デヴィッド・ホールバーグ プレゼンツ 〈レガシー 2015年4月17日(金) 7:00p.m. デビッド・H. コーク劇場(リンカーン・センター)