ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

ロングインタビュー2021/03/31

奈良春夏、岸本夏未、ロングインタビューの一部をご紹介します
本日(2021年3月31日)をもって奈良春夏、岸本夏未が東京バレエ団を退団いたします。奈良は20年、岸本は18年という長きにわたり、多くの舞台で主要な役を演じ、舞台に貢献してまいりました。これだけの期間二人が踊り続けてこられたのも、応援してくださったお客様のおかげと一同心より感謝申し上げます。

東京バレエ団友の会クラブ・アッサンブレの会員限定サイトでは二人のロングインタビューを掲載しておりますが、ここではその一部をご紹介します。ぜひご一読ください。

8711a3e79e2c447913ccd0642ac57034da1a3cc3-thumb-autox650-64.jpg
奈良春夏

──まずは20年間、お疲れさまでした。いまのお気持ちは?

奈良春夏 今は満ち足りた気持ちでいっぱいです。私には身にあまるような大役もたくさん踊らせていただき、思い残すことは何もありません。

──入団したのは溝下司朗芸術監督の時代でした。

奈良 もともと司朗先生の下で学びたいという思いがあって、東京バレエ団を目指していました。もちろん、多彩なレパートリーや海外ツアーでの活躍も知っていました。さらに、東京バレエ学校で指導していただいていた友田弘子先生(当時の東京バレエ団バレエ・ミストレス)、友田優子先生(同じく東京バレエ学校教師)に背中を押され、オーディションを受けました。
入団当初、司朗先生の下では飯田宗孝先生がバレエ・マスターとして活躍されていて、最初はとても怖い印象でした。が、2004年に芸術監督になられてからは、まるでお父さんのような存在に。普段はとても優しくて、私はそれに甘えていたかもしれません。もちろんバレエに関してはとても厳しかったですし、いつも的確なアドバイスをしてくださいました。
今振り返ると、想像にしていなかった大役を次々といただいたのは、まさに飯田先生が芸術監督の時代。たとえば、『ドン・キホーテ』のメルセデスやジプシーの若い娘、『眠れる森の美女』のカラボスなどは、もともとやりたいと思っていました。が、自分にはできないだろうなと思っていた役──たとえば『エチュード』のエトワール、べジャールさんの『舞楽』のソリスト、それからマラーホフ版『眠れる森の美女』のリラの精なんて、まさか私が!?と思っていたのだから。でも実は、カラボスのようなアクの強い役を学ぶことで、正反対のリラの精にも活かせる、こうした貴重な経験をさせていただき、本当にありがたく思っています。

──では、もっとも印象に残る作品、役柄は?

奈良 多すぎて、選ぶのは難しい! でも、まずはバレエ団初演(2009年)に携わったマカロワ版『ラ・バヤデール』のガムザッティと、"影の王国"の第2ヴァリエーションですね。初演ならではの苦労もありましたが、勉強になりました。
とくにガムザッティは、私がマカロワ版のことを大好きになった理由の一つ。その人物像は、王様の娘だから傲慢で、ちょっと意地悪な女性......というイメージではなく、一人の女性としてソロルを愛し、ニキヤとの三角関係に苦しむ女性でした。たとえば第3幕のヴァリエーションでは、そのことがはっきりと表現されます。テクニック面も体力的にも厳しい役柄でしたが、そういった表現で高めていけるストーリーがあります。
マカロワさんのリハーサルは、すごく集中して役柄に向き合うことができました。この経験で、演技面で大きく成長できたのではないかと思います。マカロワさんにいただいたメッセージ・カードは一生の宝物です。



IMG_7664 3-thumb-600xauto-52.jpg
岸本夏未

──まずは18年間、お疲れさまでした!

岸本夏未 寂しい気持ちでいっぱいですが、長い間、大きな怪我も病気もなくつとめあげることができ、ほっとしています。最後の舞台は『ジゼル』。なじみ深い作品でしめくくることができて嬉しく思います。入団2年目から参加している作品ですので、思い入れがありました。子どもの頃、東京バレエ団の『ジゼル』のビデオを擦り切れるほど見ていたんですよ。(佐野)志織先生のドゥ・ウィリには本当に憧れました。

──『ジゼル』のコール・ド・バレエ初参加の思い出は?

岸本 先輩に注意され続けた記憶しかありません。前の先輩からも後ろの先輩からもチクチク注意されていました(笑)。最近はコール・ドの指導のお手伝いをさせてもらうようになりましたが、ここまで成長できたのは当時の先輩たちのおかげ。感謝しかありません。だから後輩たちには、「私もコール・ドで大変な思いをしてきたの!」って伝えたいです。
当時は注意を受けてばかりで、もう気分はどん底でしたが、憧れのバレエ団に入れたのだから、辞めたいとは思いませんでした。どうしても東京バレエ団で活躍したかった。絶対にソリストになりたい、あんな役、こんな役を演じたい!という思いで頑張りました。

──これまで取り組んだ中でもっとも印象に残る役柄、作品は?

岸本 一番に思い浮かぶのは、キリアンの『ドリーム・タイム』。当初、第3キャストでしたので東京の舞台では踊っていませんが、地方公演と海外公演の舞台で踊ることができました。身体の遣い方がクラシックとは全然違ううえに、ストーリーがない分、気持ちの持っていき方がとても難しい。そこを自分なりにストーリーを思い浮かべて取り組みました。あの素敵な衣裳、素晴らしい装置に照明──その空間に自分が立てるなんて、と本当に嬉しくなりました。その後、2019年の海外公演ではシングル・キャストに選んでもらい、ミラノ・スカラ座の舞台で踊ることができました。



レポート2021/03/09

東京バレエ団×金森穣 新作世界初演「かぐや姫」 記者会見レポート

東京バレエ団は、振付家で新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督、 Noism Company Niigata芸術監督の金森穣氏に新作の振付を委嘱、11月6日、7日にこの世界初演作品を含むミックスプログラムを上演します。新作のリハーサル初日となった3月8日、金森氏と東京バレエ団芸術監督・斎藤友佳理による記者会見を実施しました。

20210308_Press Conference_Jo Kanamori_Yukari Saito_NMP3273_photo_Yuji Namba.jpg
金森穣(左)と斎藤友佳理(右)

題材は「かぐや姫」、音楽はドビュッシー
この委嘱について、「金森さんと長く温めてきた話。夢が叶って今日、リハーサルの1日目を終えたばかりです」と斎藤。「東京バレエ団はベジャール、ノイマイヤー、キリアンと世界の巨匠にオリジナル作品を創作してもらっていましたが、日本人が世界中で活躍する今、才能豊かな日本人の振付家の方にと考え、新作をお願いして最初に上演したのは勅使川原三郎さんでした(2019年10月に『雲のなごり』を世界初演)。いっぽう金森さんのことはずっと頭の中にありました。題材は『かぐや姫』。音楽はドビュッシーです」。

20210308_Press Conference_Yukari Saito_NMP3242_photo_Yuji Namba.jpg
斎藤友佳理(東京バレエ団芸術監督)

東京バレエ団は距離の近い舞踊団
実は、東京バレエ団は以前にもロシアの振付家アレクセイ・ワルラーモフによる『かぐや姫』を上演(1978年初演)。さらに、金森氏の師の一人であるイリ・キリアンも『輝夜姫』を振付けているとあって、不思議な繋がりを感じます。
ベジャールのスクール、ルードラで学んだ金森氏は、「東京バレエ団は日本におけるベジャールの舞踊団として、僕にとってとても距離の近い舞踊団だった。が、実際に振付の委嘱があるとは想定していなかった。今日は夢見心地でした。Noismを立ち上げて17年、外部の舞踊団にはいっさい振付をしていませんでした。それが、初めて振付ける舞踊団が東京バレエ団というのも、縁を感じます」と笑顔。新作の構想については、「Noismでいうところの"劇的舞踊"的な全幕もののストーリーバレエに。当然、東京バレエ団に振付けるわけですから、女性のポワント、男性のダイナミックな群舞を活かしたいと思っています」。

20210308_Press Conference_Jo Kanamori_NMP3256_photo_Yuji Namba.jpg
金森穣(振付家、舞踊家、Noism Company Niigata芸術監督)


届けられるメッセージは普遍的なものに
この日金森氏は、アシスタントを務める井関佐和子氏(Noism副芸術監督)とともにキャスティングのためのオーディションを行いました。「もちろん構想はありましたが、具体的な準備はないまま、その場で振付を始めました。少しだけですが、意外といいものになりました。舞踊家にとって、振付が生まれる瞬間に立ち合って覚えていくということはとても大切。出来上がったものを覚えるだけでは面白くないし、その瞬間のクリエイティビティを肌身で感じられない」。
海外で上演できる日本発信の作品をと望む斎藤に対し、「ビジュアルはじめ、世界観としてある程度"和"を取り入れるとしても、そこで語られるもの、届けられるメッセージは、普遍的なものにしたい」と金森氏も意欲的です。
11月上演するのは1幕の作品の予定ですが、「金森さんの頭の中では最後まで出来上がっている。それがどうも全3幕のようなのです(笑)。しかも1幕は、早く2幕が観たくてしょうがなくなるという状態で終わるのだそうです!」と斎藤。プロジェクトのスケールの大きさに、会場の記者たちからも一瞬どよめきが──。

この記者会見のInstagramでの生中継は、直前のお知らせにもかかわらず1800人近くの皆さまに視聴いただき、注目度の高さをスタッフたちも実感。今後の展開にどうぞご期待ください。

20210308_Press Conference_Jo Kanamori_Yukari Saito_NMP3209_photo_Yuji Namba.jpg

レポート2021/02/25

上野水香が小学校の授業にお邪魔しました
去る2/15(月)、上野水香(東京バレエ団プリンシパル が田園調布雙葉学園小学校にお邪魔し、授業の一環としてバレエダンサーという職業についてお話させていただきました。
授業の様子はこちらのページでご紹介しています。ぜひご一読ください。



ファイル_000 (18).jpeg

ロングインタビュー2021/02/16

東京バレエ団「ジゼル」ーコール・ド・バレエの秘密ー 佐野志織(東京バレエ団バレエミストレス)ロングインタビュー

東京バレエ団が6年ぶりに上演する名作「ジゼル」。今回初めて本作に取り組むダンサーも多く、稽古場では斎藤友佳理(東京バレエ団芸術監督)を中心に、連日熱いリハーサルが行われています。本日は作品の要ともいえる2幕のコール・ド・バレエ(群舞)を指導する佐野志織(東京バレエ団バレエミストレス)のインタビューをお送りします。

 

20190412-646.jpg
佐野志織(東京バレエ団バレエミストレス)

 

──東京バレエ団の『ジゼル』上演は6年ぶり。今回初めて『ジゼル』に取り組むダンサーが多いと聞きました。

佐野志織 そうですね。たとえば第2幕のコール・ド・バレエの女性たちは、半数ほどが初参加の若手です。が、彼女たちは『白鳥の湖』を何度も経験し、『ラ・バヤデール』も『ラ・シルフィード』にも取り組んでいますから、皆でどう合わせるか、呼吸をどう感じて踊るかということはよくわかっています。リハーサルで様々なインフォメーションを出すと、では自分たちはこうしようと自ら探究し始めますし、「先輩たちに見てもらう時間をとってもらっています」とも言っていました。頼もしく思います。
とはいえ、表現するものは作品によって異なります。『ラ・シルフィード』のコール・ドも妖精ですが、『ジゼル』の第2幕のウィリはまた全然違う。そこはしっかりリハーサルを重ねていきます。

──ウィリのイメージは、青く透明で、冷たい雰囲気が印象的ですね。

佐野 全体的なイメージはそうですが、今回、芸術監督の斎藤友佳理が『ジゼル』を指導するにあたって求めているもの、同時に、私自身もいろいろ学んで思ったのは、冷たさを強調するというより、そこに女性らしさというものが絶対に欠かせないということです。
私が東京バレエ団で初めて『ジゼル』に取り組んだのは、1996年の復活公演(15年の空白期間ののちに実現した)でしたが、その時の第2幕のコール・ドは、どちらかというと揃えることに重点が置かれ、フォーメーションは"真っ直ぐ"という印象。同時にウィリたちの冷たさが強調される形でもありました。けれど今回、ロシアの資料や映像にあたってみると、整列したウィリたちは"真っ直ぐ"ではなく、斜めに並んでいる。すると必然的に、肩の向きに角度がつき、より女性らしいラインが出てくるのです。


IMG_8574.JPG


──では、第2幕のコール・ド・バレエの印象は、従来とは少し違ったものになりますか。

佐野 6年前の上演で初めてミストレスとして『ジゼル』に携わった際も、実は、この"真っ直ぐ"に少し抵抗を感じてはいたのです。
ウィリのイメージについて考えると、強くて冷酷で、男性を死ぬまで踊らせるという側面と、結婚前に亡くなった女性が、少女時代の、楽しく踊っていた頃のことが忘れられずに踊り続けているという側面があると思います。だとすると、ウィリたちには女性らしさが絶対に必要で、ただただ男性たちを殺す冷酷な存在であるというのとは違う形になってくるのではないかと。ですから、今度の舞台をご覧いただいて、従来と少し印象が変わったと感じられるかもしれません。


IMG_8580.JPG


──だからこそ、女性らしいラインを求められているというわけですね。

佐野 ほかにもたとえば、身体を前に傾けて胸の前で両手を重ねる独特のポーズがありますが、あの両手は、自分の純血を守る、胸を隠すという意味があると考えられます。こうした細かい部分も、ちょっとした角度の違いで印象は大きく変わります。
斜めのフォーメーションにすることで、一人ひとりの姿は今まで以上に目立って見えることになるけれど、全員がきれいな佇まいでいられたらとても美しいものになるのではないかなと思っています。音楽の取り方についても今まで以上に敏感になるように、と指導しています。

──第1幕も踊りの場面がふんだんにありますね。

佐野 ペザントの踊り、ジゼルの友人たちのパ・ド・シスなどもありますね。皆で揃えて踊るところは揃えるけれど、それは2幕のウィリたちが整然と揃うのとは全く違う。もっと個人個人が見えて、ざわざわとしている。だって、世の中で皆と全く同じ動きをしている人なんて誰一人いないでしょう(笑)?

冒頭のヒラリオン登場の場面から、山あいの村にすむ人間の営みと、その中で自然に湧いてくる人間の感情が描かれていますね。収穫祭の賑わいも、そこに生きる一人ひとりの生活が見えてくるほどに、生き生きしていることが重要です。そうであればこそ、その後の場面がよりドラマティックに見えてくるもの。

1幕の終盤では、もちろん、そこで何が起きるかは予めわかってはいるけれど、いままさにそこで起きていることとして捉え、反応できる感性を持っていてほしいと思っています。


2015_0397.JPG

第1幕の見せ場の1つ、男女8名による華やかなペザントの踊り(パ・ド・ユイット)


──復活公演から25年。当時と今とでは、ダンサーたちの取り組み方に違いはありますか。

佐野 踊りに対する本質的な部分、作品への取り組み方は、当時も今も大きく変わっていないと思います。さらに、今のダンサーたちには様々な作品の経験があり、そこで得られた柔軟性がある。新制作で取り組んだ『くるみ割り人形』(201912月初演)でも、決められたことをこなすのではなく、自分たちでどう感じ、どう演じるかということを追求しました。そうした経験は『ジゼル』でも活きてくるのではないでしょうか。

──ではあらためて、バレエ『ジゼル』の魅力について、教えてください。

佐野 個人的な話になりますが、高校時代、発表会で初めて男性と組んで主役を演じたのが『ジゼル』でした。第2幕、それも後半のみでしたが、この時、物語の中で何者かになって踊るということを初めて経験し、それまでに味わったことのない感動を覚えたのです。それが転機となってあらためてプロを目指すようになったのですが、その後東京バレエ団で『ジゼル』の全幕に取り組むことができて、本当に嬉しく思ったものです。
『ジゼル』に携わっていると、人を愛するってどういうことなんだろう、と考えさせられます。2幕でジゼルは自分を裏切ったアルブレヒトを赦します。もしかしたら、ジゼルには"赦そう"という思いすらなく、ただ自分の愛を貫き、彼の苦しむ姿を見たくない、幸せになってもらいたいという一心で、ウィリたちから彼を守り、「彼を殺さないで」とミルタに懇願するのかもしれない。そんなところに、人は心の深み、愛を感じて涙するのだと思います。

 

取材・文:加藤智子(フリーライター)




レポート2021/02/01

東京バレエ団「ドン・キホーテの夢」 全公演終了しました!
昨年11月から関内ホールにて上演を重ねてきた「ドン・キホーテの夢」。去る1月23日、24日には一般向けの公演も開催され、約3ヶ月にわたる「子ドンキ・マラソン」も無事に終了しました。そんな「ドン・キホーテの夢」公演の舞台裏を駆け足で振り返ってみます!

ファイル_000 (9).jpeg
バジル役の柄本弾とサンチョ・パンサ役の海田一成。上演回数を重ね、海田サンチョもだいぶ板についてきました!

ファイル_000 (13).jpeg
写真左から、お嫁さん馬ことリンダを二人三脚で演じた山下湧吾(後ろ足)、昂師吏功(前足)。そして本作の主役!?ロシナンテを演じた研究生の宮村啓斗(前足)、山中翔太郎(後ろ足)。ちなみに、リンダとロシナンテを演じるダンサーたちは恒例として!?今は廃盤となった東京バレエ団Tシャツを着ることになっています。

ファイル_000 (6).jpeg
こちらはセギディリヤ役の井福俊太郎(写真左)と玉川貴博(写真右)。ダンサーたちは終演するとすぐに感染症対策のためにマスクをつけるのですが、舞台からはける間のわずかな間でも、カメラを向けると即座にポーズをきめてくれました。

ファイル_000(2).jpeg
こちらはバジル役の池本祥真(写真左)とキトリ役の涌田美紀(写真右)。1月の〈ニューイヤー祝祭ガラ〉で踊った『ディアナとアクテオン』に続き、息のあったパフォーマンスで会場をわかせました。

ファイル_000 (12).jpeg
こちらは"ダブル・オカザキ"! ロレンツォ初役の岡﨑司と定評あるサンチョ・パンサ役を演じた岡崎隼也のツーショットです。

ファイル_000 (7).jpeg
プリンシパルの宮川新大はバジル役とエスパーダ役を兼任で大忙し! 終演後にカメラを向けると素早くロシナンテをつれてきてくれました。貴重な!?ツーショットです。そんな宮川を柄本バジルが後ろから見つめています。

ファイル_000 (15).jpeg
こちらはサンチョ・パンサ初役の昂師吏功とリンダのツーショット。リンダちゃんを楽屋につれていくところを撮影しました。

IMG_3391.JPG
左から、友人役の加藤くるみ、バジル役の宮川新大、キトリ役の沖香菜子、友人役の岸本夏未。本作の初演からキトリを演じている沖は、宮川との呼吸もばっちり! 友人たちとのコミカルな掛け合いには会場から笑いがこぼれる一コマも(ちなみに今回の公演では感染症対策のために席を間引きして上演しました)。

ファイル_000 (5).jpegこちらは千秋楽で大トリをつとめた柄本弾と伝田陽美。そして友人役の二瓶加奈子とガマーシュ役の岡崎隼也。ちなみに、この4名は2008年入団の同期なのです!

以上、舞台裏の様子を写真たっぷりでご紹介しました。
子どものためのバレエ「ドン・キホーテ」の夢は2021年4月、上野の森バレエホリデイの一環として、新たな組み合わせで上演します。こちらもどうぞお楽しみに!





レポート2021/01/01

東京バレエ団ダンサーからの年賀状2021
新年あけましておめでとうございます!

 2020年も東京バレエ団にあたたかいご声援をいただき、誠にありがとうございました。昨年はコロナ禍により予定していた公演の延期・中止を余儀なくされた一年でしたが、ご支援くださる皆様のおかげで、東京バレエ団は活動を継続することができました。劇場にお越しくださった全てのお客様、そしてご自宅や遠方から応援してくださった皆様にダンサー、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

 2020年の年明けに、ダンサーたちから新年のご挨拶を申し上げます。毎年「クラブ・アッサンブレ」の会員様には、ダンサーの直筆サイン入りの年賀状をお送りしております。下記にて今回のサインを一挙公開いたします。どのダンサーからの年賀状か、楽しみにご覧ください。

 2021年が皆様にとって良い年となりますよう、一同心よりお祈り申し上げます。そして本年も東京バレエ団に変わらぬご声援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。


東京バレエ団一同


■団長、芸術監督、バレエミストレス、バレエスタッフ
_0001.jpg

■プリンシパル
_0002.jpg
_0003.jpg

■ファーストソリスト
_0004.jpg

■ソリスト
_0005.jpg
_0006.jpg
_0007.jpg
■セカンドソリスト
_0008.jpg
_00010.jpg

レポート2020/12/21

上野水香が中村祥子さんとのトークイベントに出演しました
12月21日(月)に発売されたチャリティ写真集『Jewels』。この写真集では世界で活躍する4名のバレリーナがメインモデルをつとめており、東京バレエ団からは上野水香が出演しています。

昨日(12月20日)、発売を記念し、都内某所で上野水香と中村祥子さんによるトークイベントが実現しました。

上野と中村さんは2008年にベルリン国立歌劇場で上演された〈マラーホフ&フレンズ〉で共演して以来、たびたび海外の舞台では会う機会があったものの、国内で共演するのは初めて! "日本でも共演したいね!"とずっと2人で話していたそうで、とてもトーク初共演とは思えぬほど息の合ったかけあいで、会場は終始和やかな雰囲気と笑顔につつまれました。

ファイル_000 (8).jpeg
上野水香(左)、中村祥子(右)、旧知の仲の2人ですが、トークでの共演ははじめて!

トークでは撮影の裏話や、お互いの写真に対しての印象、お気に入りの一枚についてから話がはじまり、
「もし2人で同じ舞台にたつなら!?」
「初めてトウシューズを履いたときどうだった?」
「32回のグランフェッテがあるとき、最初から意識するよね!?」
などなど、トッププリマならではの共通の話題で盛り上がり、特に中村さんが『白鳥の湖』の舞台でトウシューズを履き替えるお話では、場内騒然となる驚きのエピソードが飛び出るなど、話題は尽きることなく続きました。

なお、今回はチャリティ写真集という企画のため、写真集の売上から100足のトウシューズがバレリーナを目指す全国のバレエ少女にプレゼントされます。

バレエを愛する全ての方に手にとっていただきたい1冊です。













レポート2020/10/30

ただいま関内ホールにて、子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』を上演中です

ただいま東京バレエ団は関内ホールにて、子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』を上演中!

この公演は横浜市教育委員会が主催するもので、「心の教育 バレエの世界」をテーマに、横浜市立小学校の4年生を対象にした芸術鑑賞プログラムです。

今年はコロナ禍のために座席の間隔をあけ、客席は全員マスク着用のうえでの実施と、様々な対策を講じて上演しています。

さらに、子どものためのバレエ名物のカーテンコールや客席を使用した演出のとりやめなど、昨年とは違う形での開催となりましたが、会場は事前に配布されたプログラムに熱心に目をとおし、食い入るようにして舞台をみつめる小学生の熱気であふれています。

今回の公演では多数のダンサーたちが初役デビューを飾っています。

IMG_2673.JPG

ちらは写真左から生方隆之介(バジル)、涌田美紀(キトリ)、見事主役の重責を果たしました。そして今年入団の大塚卓はエスパーダ役デビューでした。

 

IMG_2668.JPG

長谷川琴音(写真左)、瓜生遥花(写真右)はキトリの友人役デビューでした。

 

このあとの公演の舞台裏は、公式Twitter, Instagramでご紹介してまいります。どうぞお楽しみに!

ロングインタビュー2020/10/15

東京バレエ団「M」リハーサルの現場より~吉岡美佳(東京バレエ団特別団員)インタビュー~

東京バレエ団「M」の10年ぶりの再演まであと9日! 今回の上演にあたり、初演時の「女」役誕生に貢献し、ベジャールとともに作品を創り上げてきた吉岡美佳(元プリンシパル・現東京バレエ団特別団員)が来団し、指導にあたっています。

後輩たちを厳しくもあたたく見守る吉岡に、現在のリハーサルの状況について話を聞きました。ぜひご一読ください。

 

IMG_6858.JPG

リハーサルを見守る吉岡美佳 


──『M』では、初演時から「女」役を務められていました。

吉岡 ダンサーにとって、そのキャリアの転機になるような作品というものがありますよね。
東京バレエ団に入団後、数年の間に、ベジャールさんの作品では『ザ・カブキ』の顔世御前、『ドン・ジョヴァンニ』のヴァリエーションを踊っていましたが、その時点ではベジャールさんに直に指導していただくことがなくて、1993年の『M』がベジャールさんと直接一緒にお仕事をさせていただく初めての機会となりました。この時、ベジャールさんと一対一でリハーサルをさせてもらったことで、自分の中でちょっと何かが変わるものがあったと思います。たとえば、イリ・キリアンさんとのお仕事(『パーフェクト・コンセプション』世界初演)が実現したのはその翌年のことでした。


──ベジャールさんとのリハーサルでは、最初はとても緊張されたそうですね。

吉岡 そう、怖かったのです(笑)。あのブルーの眼で見つめられると、考えていることをすべて見透かされているような感じがして。でも実はすごく優しくて、会うといつも手にキスをしてくれて! 当時はまだ60代でしたから、ご自分で実際に動いて見せてくださることも。それを見て感じた通りに動いて見せると、「そうだね」「いや、もっとこういう感じで」と指示をいただく──。そうして稽古を進めていきました。それはダンサーとして本当に大きな経験でしたね。


──「女」という役づくりについては?

吉岡 ベジャールさんから「こういう役だからこう踊って」という説明は特にありませんでした。プログラムか何かの解説を見て知ったのですが、正式には「生命と再生の源を象徴する女」という役名です。
『M』には三島由紀夫のさまざまな作品のイメージが登場しますが、配役表には「禁色」とか「鹿鳴館」とか、場面のタイトルが書いてあって、私が演じた「女」の登場する場面は「鏡子の家」と記されていました。それで初めて三島の本を読んでみたのです。だからといって、あの「女」が「鏡子の家」のあの女性なのかというと、それはちょっと違うような気もします。でも、読んでいるのと読んでいないのとでは、舞台に立ったときに自分が発するもの、存在感、深みといったものが変わってくるはずです。


IMG_6801.JPG

ヴァイオレット役の伝田陽美を指導


──強くて美しい女性、という印象です。

吉岡 ベジャールさんの作品ではよく、色でいえば白と黒という対照的な女性が登場します。『バレエ・フォー・ライフ』や『ブレルとバルバラ』もそうですね。白い衣裳の女性は、母親のような穏やかな愛。もういっぽうの黒い衣裳の女性は、もっと強くて激しい愛で、緊張感がある。『M』もまさにそう。白い衣裳の「海上の月」は母を思わせる慈愛に満ちた女性ですが、黒い衣裳の「女」は正反対。登場の場面では三島の分身の一人、IV - シ(死)にからまれて、どこか死に対する予感とか怯えが見え隠れする。そこから男性(I - イチ)とのパ・ド・ドゥが始まりますが、決して穏やかな雰囲気ではなく、男性のお腹にぶつかっていく瞬間もある。私の中では闘牛のイメージでした。リハーサルの時にはつい躊躇してしまったけれど(笑)。


M05_k_hasegawa0264.jpg

2005年の公演より。女役を演じる吉岡美佳


──今、リハーサルではどんなことに配慮して指導されていますか。

吉岡 ベジャールさんの振付は実にシンプル。言われた通りの振付をきちんとその通りに踊ることで、その振付が生きて、作品の中のその場が生きてくるものだと思います。ダンサーたちには、ベジャール作品を大事に踊ってほしいなと思います。そうでなければ、いまこうして取り組む必要などないわけですから。


IMG_6792.JPG

池本祥真(Ⅳーシ(死)役)に細かく動きのニュアンスを伝える吉岡


──10年ぶりの上演となる今回は、ほぼすべての役柄が新キャストに。フレッシュな『M』となりますね。

吉岡 演じるダンサーが変われば、作品は全く違うものになるもの。でも少なくとも、私も、(初演ダンサーで、今回ともに指導にあたっている)小林十市さんも、高岸直樹さんも、当時ベジャールさんに言われたこと、教えていただいたことを、最大限、ダンサーたちに伝えようと努めています。それは私たちの使命だと思うし、やりがいがあります。ベジャール作品は、映像を見て振付を覚えるだけで上演できるものではないし、東京バレエ団のオリジナル作品を途絶えさせるわけにはいかない。こうやって作品を継承していくことはとても大切なことと考えています。初演後のヨーロッパ・ツアーで高い評価を受けた作品ですが、いまあらためて、日本のお客さまに観ていただきたいと思っています


IMG_6890.JPG
写真左より、飯田宗孝、木村和夫、吉岡美佳、高岸直樹。そして写真には写っていないが佐野志織、初演から作品に関わっている5名が中心となって現在作品の指導を行っている。

取材・文:加藤智子(フリーライター)


>>>東京バレエ団「M」 公演情報はコチラから

ロングインタビュー2020/10/09

小林十市(ベジャール振付『M』振付指導) インタビュー

三島由紀夫の没後50周年を記念し、東京バレエ団が10年ぶりに上演するベジャールの傑作『M』。本作の再演にあたり、東京バレエ団では初演時に「Ⅳ―シ(死)」の役をつとめ、さらにベジャールの振付アシスタントをつとめた小林十市さん(元モーリス・ベジャール・バレエ団)に作品の指導をお願いしました。

現在南仏に活動拠点をおく小林さんは、7月末に帰国後2週間の自宅待機期間をへて来団。その後2週間にわたり、ダンサーたちにベジャールならではの振付のニュアンスや表現を細かく伝承していきました。そのリハーサルも終盤にさしかかった8月の下旬、帰国間際の小林さんに現在の手応えをうかがいました。ぜひご一読ください。

☆IMG_4801.JPG

──1993年の『M』初演の際には、ベジャールさんの振付アシスタントを務められました。

小林 「鹿鳴館」のワルツの場面の振り写しと、ダンサーの配置を任せてもらいました。が、実際のところアシスタントって何なのかわかっていなくて、リハーサル初日は最後まで残らずに帰ってしまった(笑)。翌日ベジャールさんから、「自分は動いて見せることができないから、十市は動いて、ダンサーたちにそのニュアンスを伝えてほしい」と言われ、ああ、そういうことかと!
現場では、当時の芸術監督の溝下司朗さんが最初から最後までリハーサルを見ておられて、初演の公演プログラムには、リハーサル後のベジャールさんの指示を司朗先生がノートに取り、僕が横で聞いている写真が載っています。

──『M』創作の過程をずっと見ておられたわけですね。

小林 だから皆さんは僕を『M』のエキスパートと思われているかもしれないけれど、全然、違うんです(笑)。『M』(1993)は『ザ・カブキ』(1984)と同様、ベジャールさんが東京バレエ団にプレゼントしたものですし、飯田宗孝先生も、佐野志織さんも、高岸直樹さんも木村和夫さんも、東京での初演の後、ヨーロッパツアーに出て、その間に20回以上も『M』を踊っている(その後パリ・オペラ座公演で合流)。本当は皆さんのほうがずっと詳しい!

僕ができるのは、ベジャールさんのボキャブラリー、動きのニュアンスについて「こうではないか」とアドバイスすること。それは、長くベジャールさんの作品を踊ってきた自分だから伝えられることかなと思っています。

MAT0831_5237.jpg

聖セバスチャン役の樋口祐輝を指導する小林さん

──もっとも印象的な要素の一つは、三島の分身であるイチ、ニ、サン、シの存在です。彼らは2つのパ・ド・カトルを中心に、様々な場面に登場します。

小林 振付の段階では、「お互いの距離をはかりながら」「ここでお互いを見て」といった動きのアイデアをポンと渡されて、そこから4人がアドリブで動いていました。細かいところまでは決められていないのです。今回指導するにあたって『M』の記録映像を4本見たのだけれど、全部違っている! つまり、動きのアイデアから外れてさえいなければ、どう動いてもいいということだったのです。

今回初めて、4役とも新キャストが配されましたが、指導の場では、この時はどこを通過していくか、別にここじゃなくでもいいとか、この二人の目線がどこかですれ違ればいいとか──そんな細かな作業を重ねていました。

MAT0831_5042.jpg

写真左より、池本祥真(Ⅳーシ)、宮川新大(Ⅱーニ)、秋元康臣(Ⅲーサン)、柄本弾(Ⅰーイチ)

──ご自身が初演したシ(死)はどんな役柄と捉えられますか。

小林 冒頭の海の場面では少年とともにお婆さんとして登場し、その後、狂言回し的な存在としてマジックを見せる。それはある種、ディアボリックな、悪魔的な感じです。そこからまた、生と死の「死」であることの怖さも押し出していく──。最初のパ・ド・カトルに至るまでに、既に3つの異なる色を出しています。そこには、ストーリーの中にいるときと、客観視しているときの使い分けがあって、それでいて一貫しているのは、全部を引っ張っていく存在です。

自分に振付けられたこの役をあらためて客観的に見ると、たとえば、正座して、少年のランドセルからお習字の道具を取り出す場面がありますが、僕は噺家の家に生まれたというバックグラウンドがあって、畳の部屋で正座したり、剣道をやっていて神棚にお辞儀をしたりといったことが身体に染みついている。それをベジャールさんが僕の中に見出していた──。ベジャールさんはこのダンサーにはこういったオプションがあるから、と有効に使う方だったのです。

MAT0831_5267.jpg

池本祥真は6代目の「Ⅳーシ(死)」の役を引き継ぐ

──あらためて、『M』とはどんな作品で、その魅力はどんなところにあると思いますか。

小林 ベジャールさんの頭の中にある美学が作品化されたもの、と言えると思います。『M』がヨーロッパで高い評価を受けているのは、日本のシンプルな美、美しい所作や、様式的なものがふんだんに散りばめられているからでしょう。禅僧が書く、「円相」というものがありますね。しゅっと一筆で書かれた円ですが、悟りの象徴、真実や宇宙、また輪廻転生を表しているともいわれるし、見る人によってどのようにも解釈できるという。海に始まって海に還る、『M』はまるであの円相のようだと思います。

宇宙規模でいえば、人の人生なんて一瞬だけれど、いまの若いダンサーたちが見せる、ほのかな一瞬の炎のような、その瞬間を、共有していただけたらと思っています。

☆IMG_4816.JPG

取材・文:加藤智子(フリーライター)

リハーサル写真:松橋晶子

>>>東京バレエ団『M』公演情報はコチラから

カテゴリー

最近の記事

奈良春夏、岸本夏未、ロングインタビューの一部をご紹介します

本日(2021年3月31日)をもって奈良春夏、岸本夏未が東...

東京バレエ団×金森穣 新作世界初演「かぐや姫」 記者会見レポート

東京バレエ団は、振付家で新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督...

上野水香が小学校の授業にお邪魔しました

去る2/15(月)、上野水香(東京バレエ団プリンシパル が田...

東京バレエ団「ジゼル」ーコール・ド・バレエの秘密ー 佐野志織(東京バレエ団バレエミストレス)ロングインタビュー

東京バレエ団が6年ぶりに上演する名作「ジゼル」。今回初めて本...

東京バレエ団「ドン・キホーテの夢」 全公演終了しました!

昨年11月から関内ホールにて上演を重ねてきた「ドン・キホーテ...

東京バレエ団ダンサーからの年賀状2021

新年あけましておめでとうございます! 2020年も東京バレエ...

上野水香が中村祥子さんとのトークイベントに出演しました

12月21日(月)に発売されたチャリティ写真集『Jewels...

ただいま関内ホールにて、子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』を上演中です

ただいま東京バレエ団は関内ホールにて、子どものためのバレエ『...

東京バレエ団「M」リハーサルの現場より~吉岡美佳(東京バレエ団特別団員)インタビュー~

東京バレエ団「M」の10年ぶりの再演まであと9日! 今回の上...

小林十市(ベジャール振付『M』振付指導) インタビュー

三島由紀夫の没後50周年を記念し、東京バレエ団が10年ぶりに...