ソリスト

井福 俊太郎
いふく しゅんたろう - Shuntaro Ifuku

東京都出身

 8歳よりバレエをはじめる。東京バレエ学校を2012年に卒業後、同年9月より2年間リスボンの国立コンセルヴァトワールに留学。卒業後はイタリアのカンパーニャ・バレット・クラシコに入団。2015年まで古典作品から創作バレエまで幅広いレパートリーを踊る。これまでに出演した劇場はパレルモ・マッシモ劇場、ミラノのテアトロ・ヌオーヴォ、モデナのテアトロ・ミケランジェロ、メッシーナのテアトロ・メトロポリタンなど。 2015年8月東京バレエ団入団。

主なレパートリー:

ブルメイステル版「白鳥の湖」道化、4人の道化、子どものためのバレエ「眠れる森の美女」ブルーバード、ベジャール版「くるみ割り人形」ソ連、「ラ・バヤデール」マグダヴェーヤ、アシュトン振付「真夏の夜の夢」パック、「タムタム」ソロ、「ザ・カブキ」力弥、バレエ団初演作品にワイノーネン振付「パリの炎」パ・ド・ドゥ、「騎兵隊の休息」パ・ド・ドゥなどがある。