ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

新着情報2009/12/18

「くるみ割り人形」岩国公演報告!(12/18)

今年も残すところあと2週間となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

東京バレエ団は今年、創立45周年の記念の年として年明けから新作を含む、多彩なラインナップを展開し、12月12日(土)の「くるみ割り人形」岩国公演をもって、2009年全49公演が終了いたしました。
今回は、年内最後の公演となった、「くるみ割り人形」岩国公演の様子をお伝えします。

東京バレエ団のダンサーたちは公演2日前の10日(木)のクラスレッスン終了後、岩国へ移動しました。
岩国までは、新幹線と在来線で5時間の移動!
新幹線の中では、本を読んだり、休んだり、音楽を聴いたり、ゆっくり話をしたり、それぞれ思い思いに過ごしていました。

国内外で公演を行い、いろいろな劇場、環境で踊ってきたダンサーたちは、もうすっかり旅慣れていて、どんな場所でもすぐに自分のペースに。
さすがです!

岩国に移動した翌日11日は、劇場にてレッスンと舞台リハーサルが行われました。
東京バレエ団が岩国で公演を行うのは、今回が初めて。
皆、初めての劇場の感触を確かめるように入念にリハーサルを行いました。

本番当日は、11:00からの1時間半のクラスレッスンが一般公開され、約150名のお客様がご来場くださいました。

20091218_01.JPG

会場には、バレエを習っているとおぼしきお子様の姿が多く見受けられ、皆様レッスンの様子を熱心にご覧になっていました。

クラスレッスンでは、ダンサーたちは体を作り、日々の調子を確かめているため、レッスン中のダンサーたちはとても自然体です。
クラスレッスンを通じて素顔のダンサーたちを少しご覧いただけたことで、皆様により親近感をもっていただけたのか、開演前の客席からはとても温かい空気があふれていました。

そして、舞台は定刻通り開演。
岩国公演の主演をつとめたのは、11月21日(土)の<マイ・キャスト>公演で初主演を果たした佐伯知香、松下裕次。

20091218_02.JPG

東京公演で初主演を果たし、大きく成長した2人からは、より一層クララと王子の雰囲気が溢れていました。
会場にお越しいただきました皆様には、東京公演同様に温かい拍手をいただき、忙しかった45周年記念の年の締めくくりにふさわしい、温かい舞台となりました。

2010年は1月の「ラ・シルフィード」からスタートします。
来年も応援よろしくお願いします。

カテゴリー

最近の記事

【特別寄稿】クランコ版「ロミオとジュリエット」の魅力、あるいは"萌え"どころ

今週金曜日から後半の公演が始まる「ロミオとジュリエット」は、...

「ロミオとジュリエット」リハーサル見学レポート

新緑がまぶしい連休明け、東京バレエ団では5月24日から開演す...

新制作「眠れる森の美女」公開リハーサル&囲み取材レポート

あと1週間ほどで、創立60周年記念シリーズの第二弾、新制作『...

クラブ・アッサンブレ会員限定イベント 「かぐや姫」スペシャル・ダンサーズトーク

2023年10月20日(金)〜22日(日)、ついに世界初演を...

「かぐや姫」第3幕 公開リハーサル レポート

 全幕世界初演までいよいよ2週間を切った「かぐや姫」。10月...

第11回めぐろバレエ祭り 現地レポート

バレエ好きにとっての夏の風物詩。今年も8月21日(月)〜27...

子どものためのバレエ「ドン・キホーテの夢」3年目を迎えて -涌田美紀×池本祥真

見どころが凝縮され、子どもたちが楽しめるバレエ作品として人気...

ハンブルク・バレエ団 第48回〈ニジンスキー・ガラ〉に出演して ―伝田陽美&柄本弾

7月9日、ハンブルク・バレエ団による、第48回〈ニジンスキー...

東京バレエ団第35次海外公演(オーストラリア、メルボルン)「ジゼル」公演評

7月22日最終公演のカーテンコール オ...

速報!「ジゼル」開幕。各メディアで絶賛! 東京バレエ団〈第35次海外公演 ─ オーストラリア メルボルン〉

東京バレエ団はオーストラリア・バレエ団の招聘、文化庁文化芸術...