ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

レポート2018/05/28

ブルメイステル版『白鳥の湖』再演、 東京バレエ団オリジナルの新衣裳がついに完成へ!

 公演まであと3週間。ブルメイステル版『白鳥の湖』の今回の再演は、第1幕、第3幕の衣裳をすべて、東京バレエ団のオリジナルとして新製作したことに注目が。靴、頭飾りを含めて約200点にもおよぶ新作衣裳の大部分がこのほど完成、東京バレエ団のスタジオで衣裳合わせが行われました。出来たての衣裳に身を包んだダンサーたちが勢揃い、色とりどりの美しい衣裳がずらりと並ぶ景色はまさに圧巻でした。

 
 2016年2月のバレエ団初演の際は、ブルメイステル版の当初の演出意図に沿ったものを、という斎藤友佳理芸術監督の強い希望により、モスクワ音楽劇場の古い衣裳をレンタルして上演しましたが、ブルメイステル版『白鳥の湖』を東京バレエ団のレパートリーとして長く上演していくために、と衣裳の新製作を決断した斎藤。2016年の秋頃から、2年近くをかけて準備を進めてきました。

 限られた時間と予算のなかでの最善の策を、と模索した結果、モスクワの舞台衣裳デザイナー・アレクサンドル・シェシュノフ氏にデザインを発注、ボリショイ劇場のスタッフ部門出身者によって設立された工房・ティモール社に製作を依頼しました。彼らのなかには、このプロジェクトのために引き抜かれた職人もいるそうで、その腕は確かなもの。試着したダンサーたちからは、「着心地がいい」「とても動きやすい」と声があがっていました。

ここでは、その衣裳の一部をご紹介します!

s1.jpg■写真1:第1幕、パ・ド・カトルの4人

s3.jpgs2.jpg

■写真2、写真3:第1幕の貴族たちの衣裳は、カラフルなのに上品に

s4.jpg

■写真4:侍従長は長い上着がカッコイイ!

s5.jpg

■写真5:ロットバルトの黒い衣裳は、胸の飾りがゴージャス!

s9.jpg

■写真6、7 :ジークフリート王子も新調! 細やかな装飾の仕事が目をひきます。

カテゴリー

最近の記事

「くるみ割り人形」上演に寄せて(その2) ~ 加藤くるみ、故郷で「くるみ」 

本日のブログには幅広い役柄で活躍している加藤くるみ(東京バレ...

「くるみ割り人形」上演に寄せて(その1) ~ 政本絵美、故郷で踊る 

東京バレエ団では、本年(2021年)12月に「くるみ割り人...

「かぐや姫」第1幕 世界初演によせて ー 廣川玉枝氏コメント

「かぐや姫」第1幕 世界初演まであと2日となりました。本日は...

役の内面を理解し、動きを台詞のように ―池本祥真、「娘」役に初挑戦!

去る8月に上演された〈横浜ベイサイドバレエ〉の野外ステージで...

今の自分にあった表現をー 「中国の不思議な役人」&「ドリーム・タイム」、2作品に出演する宮川新大

古典から現代作品まで幅広いレパートリーで活躍する宮川新大(東...

自身の中に言葉をもってないと動きに現れない ー小林十市の語る「中国の不思議な役人」の世界

11/6(土)、11/7(日)に上演する「中国の不思議な役人...

「かぐや姫」第1幕(世界初演)制作現場より ― 衣裳パレード

金森穣振付「かぐや姫」第1幕 世界初演に向け、リハーサルと並...

沖香菜子の語る、「ドリーム・タイム」の魅力

11月6日、7日に世界初演をむかえる金森穣振付「かぐや姫」第...

今回の上演ではココに注目! ー「中国の不思議な役人」の魅力

11月6日に世界初演をむかえる金森穣振付「かぐや姫」(第1幕...

東京バレエ団「海賊」 ー池本祥真インタビュー

シリーズでお贈りしている東京バレエ団「海賊」、メインキャスト...