ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

レポート2018/08/14

〈夏祭りガラ〉~『ジョコンダ』主演 柿崎佑奈&ブラウリオ・アルバレス インタビュー

 クラシック・バレエの父、マリウス・プティパの生誕200年を記念して、東京バレエ団は〈夏祭りガラ〉、〈プティパ・ガラ〉を上演する。プティパが手がけた数多くの作品のなかからより抜かれたパ・ド・ドゥ、ディヴェルティスマンで構成され、プティパが目指したクラシック・バレエの美しさ、楽しさがたっぷりと詰まった舞台となる。

IMG_9224.JPG

 その他の公演の合い間を縫って断続的に行われてきたリハーサルは、夏本番に入っていよいよ本格化。なかでも『時の踊り』(オペラ『ジョコンダ』より)は、コール・ド・バレエの女性たち、ともにフレッシュな顔ぶれが配されているだけに、稽古場はひときわ賑やかだ。

『時の踊り』は、イタリアのポンキエッリによるオペラ『ジョコンダ』のなかのバレエ・シーン。オペラの少々重々しいストーリーとはまったく関係のない、劇中劇として上演される楽しい場面で、朝、昼、夜、夜中と移りゆく時の流れが、踊りによって次々と表現されてゆく。めまぐるしく変化するフォーメーションが美しい、クラシック・バレエならではの魅力にあふれた作品だ。

 この日のリハーサルは、その後半、4つの時のダンサーたちが揃ったところに夜の女王と風の精が登場、一気にクライマックスへと盛り上がっていく場面。ダンサーたちが手に持った色違いのヴェールが、あちこちでひらひらとたなびいているのが印象的だ。

IMG_9312.JPG

 夜の女王を踊る柿崎佑奈は、「朝、昼、夜、夜中と踊りが展開していき、私が登場する場面はちょっと静かに始まるんです。三日月のついた王笏で皆を一人ずつ眠らせたところに風の精がやってきて、そのままアダージオが続きます。踊りはだんだん温かみを増していって、最後のコーダになるとパッと明るく──指導していただいているフョードロフ先生いわく、『いままでのことは全部ジョーク、と思ってしまうくらい、がらりと明るく』なるんです。そこからは、とても華やかなクライマックス。ここの表情の違いを出すのが難しいところです」。

IMG_9244.JPG

 風の精を踊るブラウリオ・アルバレスも、「パッと突然明くなる、その変化が面白い。みんながよく知っている音楽も出てくるので、何も難しいことを考えずに楽しんでいただけると思います」。ただし、「スタイルが難しい。軽い風の表現を、しっかりと動きで見せないといけません。身体のつかい方、表現、手の動きなど、まさにクラシックのなかのクラシック。テクニックがあっても、このスタイルが身体に入っていないと表現できない、という難しさを感じます」と教えてくれた。なるほど、そこがまさにクラシック・バレエの難しさで、大きな魅力なのだろう。

IMG_9298.JPG

 二人のパートナーシップにも注目だ。「綺麗で楽しいバレエですから、二人で創り上げる雰囲気をぜひ楽しんでください」とアルバレス。柿崎は、「ブラウリオにはすごく助けてもらっています。私は今回が初めての主役なので、実は最初はプレッシャーに負けてしまいそうだったのですが、最近になってようやく、アダージオを楽しみながら踊れるようになりました。課題はいくつもありますが、そのうちの一つがクライマックスのフェッテ。でもここで克服すれば、大きなプラスになる。頑張ります!」と意欲に燃える。

IMG_9280.JPG

 二人の華やかな踊りと、「これこそクラシック・バレエ!」ともいえる息のあった美しいアンサンブルを、心ゆくまで楽しみたい。

IMG_9803.JPG

取材・文 加藤智子(フリーライター)

カテゴリー

最近の記事

上野水香が中村祥子さんとのトークイベントに出演しました

12月21日(月)に発売されたチャリティ写真集『Jewels...

ただいま関内ホールにて、子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』を上演中です

ただいま東京バレエ団は関内ホールにて、子どものためのバレエ『...

東京バレエ団「M」リハーサルの現場より~吉岡美佳(東京バレエ団特別団員)インタビュー~

東京バレエ団「M」の10年ぶりの再演まであと9日! 今回の上...

小林十市(ベジャール振付『M』振付指導) インタビュー

三島由紀夫の没後50周年を記念し、東京バレエ団が10年ぶりに...

東京バレエ団〈Choreographic Project 2020〉公演レポート

東京バレエ団ではコロナ禍で延期になった3公演を9月に続けて上...

東京バレエ団友の会「クラブ・アッサンブレ」~マスコット・キャラクターのお名前決定!

東京バレエ団では、"もっと東京バレエ団のことを知りたい!"...

今年度のポワントが支給されました

バレエの象徴ともいうべきポワント(トウシューズ)は1足5,0...

柄本弾、『婦人画報』2020年10月号で美輪明宏さんと対談をさせていただきました

9/1(火)発売、『婦人画報』2020年10月号に柄本弾が登...

東京バレエ団友の会「クラブ・アッサンブレ」~マスコット・キャラクターお名前募集中!&塗り絵のお知らせ

東京バレエ団では、"もっと東京バレエ団のことを知りたい!" ...

東京バレエ団ダンサーたちがオンライン・プログラムに登場!

毎年8月に開催している〈めぐろバレエ祭り〉。東京バレエ団では...