ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

海外ツアーレポート2018/10/26

第33次海外公演(オマーン)ダンサーレポートその2〜二瓶加奈子

『ラ・バヤデール』オマーン公演のレポート第二弾は、この公演でガムザッティ役デビューを飾った二瓶加奈子の登場です!

初めてガムザッティを踊りました
海外公演から無事に戻ってまいりました、二瓶加奈子です。
そうなんです、今回オマーン公演の『ラ・バヤデール』では、初めてガムザッティを演じました。

★IMG_3249.jpg

ロイヤル・オペラハウス・マスカットにて。
もう一人のガムザッティ、伝田陽美さんと。

こうした大役に初めて臨む場合、普通、結構前からわかっていたりして、それなりに心の準備をして、リハーサルをしっかりやって、というものじゃないかと思っていたのですが──、今回はちょっと違いました(笑)。
世界バレエフェスティバル開催期間中、『ラ・バヤデール』振付指導のオリガ・エヴレイノフ先生がいらして指導していただいたのですが、その頃に、私、ガムザッティやるのかな、やるみたいだな......、という流れでリハーサルに入り、でもその後、めぐろバレエ祭り〈夏祭りガラ〉の『パキータ』の主役などにキャスティングされていて──これもまた私にとっては緊張する大役でしたから、結局、ガムザッティのリハーサルに本格的に取り組めたのは本番前の3週間くらいだったのでした。
先生方や(奈良)春夏さんにいろいろとご指導いただきながら、取り組んできましたが、これまでいろんな役を踊ってきたなかで、実は、本格的に演技する役柄を演じるのは初めて!! 舞台の上で喜怒哀楽を出す、ということに、最初はとても戸惑いを感じていました。


オリガ先生からは、「もっと出して!もっと!」とアドバイスをいただいていたのですが、踊りを見せるだけではなく、国王のお嬢さまとしての「風格」を感じさせなければいけない。
さらに、考えすぎて顔の表情だけで演技してしまうようではダメで、しっかり「目」と「身体」で表現し、お客さまに伝わるよう演技することが求められます。
これがとても難しいのだけれど、次第に掴めるようになってきてからは、その楽しさを実感できるようになりました。

→この続き、レポート全文はクラブ・アッサンブレ会員限定サイトでご覧ください

カテゴリー

最近の記事

吉岡美佳(東京バレエ団特別団員)インタビュー ベジャール振付「ギリシャの踊り」を語る

7/3(土)に開幕する〈HOPE JAPAN 2021〉東京...

奈良春夏、岸本夏未、ロングインタビューの一部をご紹介します

本日(2021年3月31日)をもって奈良春夏、岸本夏未が東...

東京バレエ団×金森穣 新作世界初演「かぐや姫」 記者会見レポート

東京バレエ団は、振付家で新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督...

上野水香が小学校の授業にお邪魔しました

去る2/15(月)、上野水香(東京バレエ団プリンシパル が田...

東京バレエ団「ジゼル」ーコール・ド・バレエの秘密ー 佐野志織(東京バレエ団バレエミストレス)ロングインタビュー

東京バレエ団が6年ぶりに上演する名作「ジゼル」。今回初めて本...

東京バレエ団「ドン・キホーテの夢」 全公演終了しました!

昨年11月から関内ホールにて上演を重ねてきた「ドン・キホーテ...

東京バレエ団ダンサーからの年賀状2021

新年あけましておめでとうございます! 2020年も東京バレエ...

上野水香が中村祥子さんとのトークイベントに出演しました

12月21日(月)に発売されたチャリティ写真集『Jewels...

ただいま関内ホールにて、子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』を上演中です

ただいま東京バレエ団は関内ホールにて、子どものためのバレエ『...

東京バレエ団「M」リハーサルの現場より~吉岡美佳(東京バレエ団特別団員)インタビュー~

東京バレエ団「M」の10年ぶりの再演まであと9日! 今回の上...