ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

レポート2019/12/07

新制作「くるみ割り人形」 舞台装置&美術、日本に到着!

東京バレエ団が37年ぶりにリニューアルする「くるみ割り人形」の初日まで1週間をきりました。今回の新制作にあたり、衣裳と装置はロシアの一級の職人たちに製作を依頼。芸術監督の斎藤友佳理の人脈を駆使し、モスクワとサンクトペテルブルク、計6か所の工房をフル稼働させ、急ピッチで作業がすすめられてきました。


1.jpg

2.jpg

3.jpg

ロシアの工房での衣裳製作の様子。目に見えない細かいところもすべて手作業でつくられます


作業は順調に進み、衣裳は10月末から順番に日本に到着。バレエ団の衣裳スタッフによる細かいフィッティングがはじまりました。

IMG_0490.JPG

フィッティング中に笑顔をみせる沖香菜子(マーシャ役、12/14、12/24主演)


「このまま良い形で本番を迎えられそう」とスタッフが思っていた矢先、思わぬトラブルが! サンクトペテルブルクで製作していた装置と衣裳は予定どおり完成し、列車でウラジオストックまで運ぶというまさにその時、なんとシベリア鉄道が悪天候でとまってしまい、列車が立ち往生してしまったのです! 天候にはどうにも逆らえませんが、今回の衣裳・装置のコンセプトを担当したニコライ・フョードロフ氏が尽力し、遅れた分を挽回すべく大奮闘。フョードロフ氏のスケジュール調整のおかげで、予定よりは大幅に遅れたものの、無事に装置と衣裳はロシアを出発し、11月末に横浜に到着しました。

斎藤が「夫(フョードロフ氏)とは"最悪の場合、新しい衣裳と古い舞台装置で上演することも覚悟しなくては"と話していました」と語るほど切羽詰まった状況でしたが、天も東京バレエ団に味方をしてくれたようです。

12月4日には本番と同じ東京文化会館を借り、「道具調べ」と呼ばれる装置や衣裳の点検と確認が丸一日がかりで行われました。背景幕がつるされると、その場に立ち会わせたスタッフからは自然と歓声があがりました。

それもそのはず、ロシアの熟練の職人たちが、その技術の限りを尽くしてすべて手作業で描き上げた背景幕は細部まで美しく彩られ、遠近法を巧みにもちい、非常に立体的な姿をみせたのです。それは長年東京バレエ団の舞台を支えているスタッフの方々にとっても新鮮な驚きと感動をもたらしたようです。

舞台装置と美術は照明を伴ってはじめて完成するものですから、ここでその全貌をおみせすることはできませんが、下記の動画ではその「道具調べ」の様子を少しだけご覧いただけます。

東京バレエ団が総力をあげてお贈りする真冬のファンタジー、開幕はもうすぐです!


撮影協力:Sergei Fedorov, Alexey Semenov, Boris Karpov


衣裳の製作を追ったメイキング映像はこちら>>>


舞台装置のメイキング映像はこちら>>>

カテゴリー

最近の記事

「かぐや姫」第1幕 世界初演によせて ー 廣川玉枝氏コメント

「かぐや姫」第1幕 世界初演まであと2日となりました。本日は...

役の内面を理解し、動きを台詞のように ―池本祥真、「娘」役に初挑戦!

去る8月に上演された〈横浜ベイサイドバレエ〉の野外ステージで...

今の自分にあった表現をー 「中国の不思議な役人」&「ドリーム・タイム」、2作品に出演する宮川新大

古典から現代作品まで幅広いレパートリーで活躍する宮川新大(東...

自身の中に言葉をもってないと動きに現れない ー小林十市の語る「中国の不思議な役人」の世界

11/6(土)、11/7(日)に上演する「中国の不思議な役人...

「かぐや姫」第1幕(世界初演)制作現場より ― 衣裳パレード

金森穣振付「かぐや姫」第1幕 世界初演に向け、リハーサルと並...

沖香菜子の語る、「ドリーム・タイム」の魅力

11月6日、7日に世界初演をむかえる金森穣振付「かぐや姫」第...

今回の上演ではココに注目! ー「中国の不思議な役人」の魅力

11月6日に世界初演をむかえる金森穣振付「かぐや姫」(第1幕...

東京バレエ団「海賊」 ー池本祥真インタビュー

シリーズでお贈りしている東京バレエ団「海賊」、メインキャスト...

東京バレエ団「海賊」 ー柄本弾インタビュー

シリーズでお贈りしている東京バレエ団「海賊」、メインキャスト...

東京バレエ団「海賊」 ー上野水香インタビュー

シリーズでお送りしている東京バレエ団「海賊」メインにキャスト...