ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

HOPE JAPAN 20212021/07/07

〈HOPE JAPAN 2021〉全国ツアー ご当地ダンサーリレー vol.11 南江祐生(京都)
〈HOPE JAPAN 2021〉全国ツアー、公演地にゆかりのあるダンサーでつないでいくインタビューのバトン。11番目、アンカーをつとめるのはアーティストの南江祐生(京都)!
今回のツアーでは「ギリシャの踊り」、「ボレロ」に出演します。南江のインタビュー、ぜひご一読ください!

m20 南江祐【示へんに右】生 Yuki Nanye_8503475  (c) Nobuhiko Hikiji.jpg

Q1 出身地

京都府亀岡市

Q2 バレエをはじめた年齢、スタジオ、きっかけ

5歳から「神谷道子バレエ研究所」ではじめました。母と妹が通っていたのがきっかけです。

Q3 東京バレエ団を選んだ理由

東京バレエ学校のSクラスに中学3年生の頃から通っていました。在学していた時からバレエ団の公演にエキストラとして参加させていただいたり、公演を観たりしているうちに「このバレエ団で踊りたい」と思うようになりました。

Q4 東京バレエ団に入ってから特に強く印象に残っている舞台、役

劇場としては2年前(2019年)のヨーロッパツアーで踊ったミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場です。舞台(劇場)が美しく、夢をみているような空間でした。

そして東京文化会館の客席を舞台から見ると、いつも「また舞台に立てる」という充実感を感じ嬉しく思えてきます。

印象に残っている役は「くるみ割り人形」のフランスです。全幕公演で初のソリスト役でした。

Q5 私が今思う、地元の良いところ

空が広く、田畑の広がる先には山々があり、とても自然が豊かなところです。

Q6 私が好きな地元の名産、スポット

好きな名産― 京野菜、馬路大納言(うまじだいなごん)

好きなスポット- 保津川下り、保津峡のトロッコ列車、そして出雲大神宮(霧が深いことで有名です)

スタッフ注:馬路大納言はその起源を延暦十三年までさかのぼると言われているほどの歴史と伝統を誇る最高級の小豆だそうです)

Q7 お客様へのメッセージ

新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いている中、今回のツアーで多くの舞台に立てることはとても有難く、また沢山のお客様にご覧いただけることを嬉しく思います。

なにかと不安な日々ではありますが、バレエを通して少しでも希望や前向きな気持ちをお届けできれば幸いです。芸術により、人が人らしく、心豊かに過ごせることを願っています。

皆さまのご来場、心よりお待ちしております!


20201211_Nutcracker_no.0132_Yuki Nanye_7Y1A1359_photo_Kiyonori Hasegawa.jpg
「くるみ割り人形」より、フランスを踊る南江祐生


全11名によるご当地ダンサーリレーも無事にゴールをむかえました。最後までお読みくださった皆様、ありがとうございました!
ダンサー一同、劇場にて皆様のご来場をお待ち申し上げております。





カテゴリー

最近の記事

【特別寄稿】クランコ版「ロミオとジュリエット」の魅力、あるいは"萌え"どころ

今週金曜日から後半の公演が始まる「ロミオとジュリエット」は、...

「ロミオとジュリエット」リハーサル見学レポート

新緑がまぶしい連休明け、東京バレエ団では5月24日から開演す...

新制作「眠れる森の美女」公開リハーサル&囲み取材レポート

あと1週間ほどで、創立60周年記念シリーズの第二弾、新制作『...

クラブ・アッサンブレ会員限定イベント 「かぐや姫」スペシャル・ダンサーズトーク

2023年10月20日(金)〜22日(日)、ついに世界初演を...

「かぐや姫」第3幕 公開リハーサル レポート

 全幕世界初演までいよいよ2週間を切った「かぐや姫」。10月...

第11回めぐろバレエ祭り 現地レポート

バレエ好きにとっての夏の風物詩。今年も8月21日(月)〜27...

子どものためのバレエ「ドン・キホーテの夢」3年目を迎えて -涌田美紀×池本祥真

見どころが凝縮され、子どもたちが楽しめるバレエ作品として人気...

ハンブルク・バレエ団 第48回〈ニジンスキー・ガラ〉に出演して ―伝田陽美&柄本弾

7月9日、ハンブルク・バレエ団による、第48回〈ニジンスキー...

東京バレエ団第35次海外公演(オーストラリア、メルボルン)「ジゼル」公演評

7月22日最終公演のカーテンコール オ...

速報!「ジゼル」開幕。各メディアで絶賛! 東京バレエ団〈第35次海外公演 ─ オーストラリア メルボルン〉

東京バレエ団はオーストラリア・バレエ団の招聘、文化庁文化芸術...