ブログ

ブログ Blog一覧に戻る

ロングインタビュー2022/06/07

「ドン・キホーテ」初役でのぞむキトリに向けて ――涌田美紀 ロングインタビュー

今回はまもなく開幕する「ドン・キホーテ」で、本公演が全幕のタイトルロールデビューとなることが決まった涌田美紀(東京バレエ団 ソリスト)が登場。初役に向けた思いやリハーサルの様子などを語りました。ぜひご一読ください!

miki-3197_2.jpg
涌田美紀(東京バレエ団 ソリスト)


――キトリ役はこれまでにも経験されていますね。
涌田美紀 2020年の秋、子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』の学校公演で初めて踊りました。学校公演のヴァージョンは通常版の『ドン・キホーテの夢』よりさらに簡潔で、上演時間もより短めなのですが、期間中に何度も出番があるので、記録映像で自分の演技を確認しながら、日々工夫していくことができます。これはとても勉強になりました。自分の映像を観るのは本当は恥ずかしくていやなのですが(笑)。

【トリミング済・解像度そのまま】20201113_1130ma_Don_Quixoyesdream_1010_photo_Shoko Matsuhashi.jpgのサムネイル画像
「ドン・キホーテの夢」キトリ役
Photo:Shoko Matsuhashi


――新たな気付きはありましたか。
涌田 表現すること、物語を伝えることの難しさ、大切さがよくわかりました。動きが小さいと伝わりにくくなるのはもちろんですが、全部が大きすぎても伝わらない。メリハリをつけることが重要だということを実感しました。

――初めての全幕版キトリ。涌田さんにとっては初の全幕主演作品となります。
涌田 全幕の主役を踊ってみたいという気持ちはありましたが、まさか本当にこんなチャンスをもらえるなんて思ってもいませんでした。とても驚きましたし、嬉しくも思います。

――振付家のワシーリエフ氏が、涌田さんの舞台映像を見て「彼女に全幕を踊らせるべき」とおっしゃったそうですね。
涌田 光栄なことですが、同時に、「『5番が入っていない』『音の取り方が違う』と私が怒られたのよ」と友佳理さん(斎藤友佳理芸術監督)に言われてしまいまして......。もちろん、改善します!

――いまは斎藤芸術監督の特訓が続いています。
涌田 細かく丁寧、それでいてとても熱い特訓です。本当にありがたく思います。キトリとして、「客席の2,000人の視線を釘付けにして!」「あなたの中にある熱いものを全部出して!!」「もっと! もっと!!」と日々注意を受けていますが、まだまだ足りません。

miki-3162_2.jpg
いままでの私の踊りは、その時はその時で必死に取り組んでいたのだけれど、どこか無難におさまってしまうところがあったと思います。テクニックに捉われすぎていたのかもしれません。でも主人公として一番大切なことは表現、物語を伝えること。テクニックのことを考えなくてもしっかりとした表現ができるようにすることが大切だと思うようになりました。


――ご自身で変化を感じていますか?
涌田 友佳理さんのアドバイス通りに踊ると、周りの皆に「踊りが大きくなったね」と言われます。友佳理さんの教えはとてもよくわかるし、すごくよく響きます。プリセツカヤやマクシーモワはこんなふうに踊っていたんだと実演してくれることも。昔の優れたダンサーたちの踊りはよく映像で見ますが、それはもはや振りとかテクニックとかではなく、ありのままの存在感の凄さ。簡単に真似できることではありませんが、とても勉強になります。

――プリンシパルの秋元康臣さんとパートナーを組むのも初めてですね。
涌田 のびのびと踊らせてくれて、私自身大きくなっているような感じさえします。彼のバジルは爽やかで伸びやかで、力みのない踊りが魅力。恋人のキトリ役としては、大人っぽく、そして気の強さを感じさせつつ、バジルが大好きであることを見せていきたいです。身長が低いので、小さくまとまってしまうことのないよう、いろいろと考えながら役作りをしています。

――全幕版で初めて挑戦する場面もたくさんありますね。
涌田 中でも第1幕の広場からジプシーの野営地への場面転換の際に幕の前でバジルと踊る"ロマンス"がとても素敵なんです。これはワシーリエフ版ならではの場面だそうですが、こうした踊りをしっとりと魅力的に見せることができたらと思っています。

miki-3142_2.jpg
私は小さい頃から『ドン・キホーテ』の音楽が大好きで、ずっと繰り返しCDを聴いていました。「こんな音楽で踊れたら本当に楽しいだろうな」と思っていた曲がいくつもあります。いま、その時の気持ちが蘇ってきて、「夢が叶うんだ」とウルッとしてしまうことも(笑)。本番では、私らしい、私にしかできないキトリを演じることができたらと思っています。さらに、夏には子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』全国ツアーでもキトリを演じますので、こちらもどうぞ楽しんでいただけたらと思っています。


取材・文:加藤智子(フリーライター)



★・・・涌田主演公演日

●東京バレエ団「ドン・キホーテ」
6月23日(木) 19:00 
6月24日(金) 19:00 ★
6月25日(土) 14:00
6月26日(日) 14:00
会場:東京文化会館(上野)


●東京バレエ団 子どものためのバレエ「ドン・キホーテの夢」
8月20日(土) 11:30
8月20日(土) 15:00 ★
8月21日(日) 11:30
8月21日(日) 15:00
会場:めぐろパーシモンホール(目黒)

カテゴリー

最近の記事

「ドン・キホーテ」初役でのぞむキトリに向けて ――涌田美紀 ロングインタビュー

今回はまもなく開幕する「ドン・キホーテ」で、本公演が全幕のタ...

東京バレエ団 団長 故飯田宗孝 お別れの会

季節外れの暑さに見舞われた5月29日(日)、東京バレエ団スタ...

【現地レポート】上野の森バレエホリデイ2022

4月29日から5月1日、〈上野の森バレエホリデイ〉が三年ぶり...

〈THE TOKYO BALLET Choreographic Project〉公演レポート

去る3月13日に東京文化会館で開催した〈THE TOKYO ...

東京バレエ団ダンサーからの年賀状2022

新年あけましておめでとうございます。昨年も東京バレエ団にとっ...

「くるみ割り人形」上演に寄せて(その2) ~ 加藤くるみ、故郷で「くるみ」 

本日のブログには幅広い役柄で活躍している加藤くるみ(東京バレ...

「くるみ割り人形」上演に寄せて(その1) ~ 政本絵美、故郷で踊る 

東京バレエ団では、本年(2021年)12月に「くるみ割り人...

「かぐや姫」第1幕 世界初演によせて ー 廣川玉枝氏コメント

「かぐや姫」第1幕 世界初演まであと2日となりました。本日は...

役の内面を理解し、動きを台詞のように ―池本祥真、「娘」役に初挑戦!

去る8月に上演された〈横浜ベイサイドバレエ〉の野外ステージで...

今の自分にあった表現をー 「中国の不思議な役人」&「ドリーム・タイム」、2作品に出演する宮川新大

古典から現代作品まで幅広いレパートリーで活躍する宮川新大(東...